nlpとは誰でも学べるもの【心理療法マスターズ】

勉強

心理療法の一種の方法

神経の言語を扱う療法

勉強

nlpとは、神経言語プログラミングとも言われる脳科学の一種です。脳の取り扱い説明書という別名も付けられています。nlpは心理療法の一種で、カウンセリングやセラピーの一つとして始まったものです。二人の心理療法士が1970年代に始めたものとされています。心理的外傷が原因のPTSD患者が、トラウマを克服し立ち直っていくことにnlpは使われています。不快な記憶を思い出しづらくする方法など、nlpは大きな心理的外傷からの立ち直りだけでなく、コーチングやコミュニケーションを円滑に進める方法としても開発され、自己実現方法としてアメリカを中心に多方面で広まってきました。

著名人が利用している療法

nlpはアメリカの大統領がスピーチに取り入れていたことが有名で、テニス選手などの著名人が利用していることによって人気が裏付けられています。人間は五感をはじめとする神経を通して外界と接しているので、この神経を通して伝わる情報を言語ととらえ、うまくコントロールすることでストレスや心的外傷を防ぎ、物事を円滑に進めることで人生を開発していくのが主なnlpの仕組みです。例えば、緊張する場面で手足が震える、赤面する、声が出ないという現象は、過去の体験から脳に強く書き込まれた悪い情報が原因です。心理的に悪い情報を新しい言語に書き換えることで、このようなトラウマを克服することになります。さらにいまは恋愛や仕事など、日常生活で使用出来るようにもなっているので、コミュニケーションに関して苦手意識を持っている人がnlpを学んでいます。

Copyright © 2015 nlpとは誰でも学べるもの【心理療法マスターズ】 All Rights Reserved.